外反母趾 東京 中村橋 整骨院

新星中村橋整骨院 東京
外反母趾
外反母趾について
治療方法
フットケア整体
パワープレート
パワープレートとは
パワープレートの活用例
お客様の声 / Q&A
診療案内
一般診療
スポーツ外傷
オスグッドシュラッダー病
交通事故
自費治療
往診
インフォメーション
施術の流れ
よくあるご質問
患者様の声
採用情報
リンク集
医院案内
院長挨拶
スタッフ紹介
当院紹介
当院概要・アクセス
お問い合わせ・サイトポリシー
スポーツ外傷

スポーツ外傷とスポーツ障害の違い
スポーツ外傷スポーツをしている最中に転倒や衝突などで負傷した怪我のことで、骨折・脱臼・捻挫・挫傷・肉離れなどがあります。 スポーツ障害反復して同じ運動を繰り返す事により起こる痛みや腫れ、子供の場合が放っておいて状態が悪くなる場合が多く、軽い症状がある時に早めに治療をする事をおすすめいたします。

スポーツで痛めやすい障害
オスグット病 (オスグット・シュラッター病)
一般的に小学校高学年から中学生位の子供に多く発症します。 部活動などにより太ももにある筋肉の収縮によって膝のお皿の下にある骨を引っ張ってしまい痛み・腫れが出てきます。 激しく走ったり、繰り返しジャンプする運動(陸上競技・サッカー・バスケットボール・バレーボールなど)で起こりやすいです。 ひどい場合には骨が剥離骨折してしまう事があり、痛み出したら無理をせずに運動を休み早めに治療しましょう。
---

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)
テニスやゴルフなどのスポーツによって起こるものや仕事や家事などによって起こるものとさまざまな原因によってなってしまう。 手首や指を伸ばす筋肉・腱の使いすぎによって起きる炎症で肘の関節を中心に痛みが現れます。症状として肘の外側に痛みがありひどくなると肘から手首にかけて痛みます。 痛み出したら無理をせず指や手首を使わないようにして痛みのある部分にアイシングテーピングをして安静にすることが痛みを一番早く引かせます。
---

野球肘(上腕骨内側上顆炎)
一般に野球肘と言われ、投球動作などで上腕二頭筋及び上腕三頭筋を強く激しく使うことにより発症します。投球動作は肘の内側の筋肉・靭帯を引っ張るストレスがかかると同時に、外側には関節を上下から圧迫するストレスがかかります。この反復蓄積で症状は進行していきます。 成長段階の子供では、筋肉・腱の付着部に成長を司る骨端線があり、これに引っ張るストレスがかかると骨が変形することがあります。また外側では上腕骨と橈骨との衝突で、骨の一部が関節内に浮遊する離断性骨軟骨炎になることもあります。
多くは使いすぎ程度のものですが、限界を超えると、上記の症状や剥離骨折、筋・腱断裂も起こしかねません。
---

シンスプリント
主にランナーなどの走るスポーツをしている人に多くその他サッカーやバスケットバールをしている人にも起こる。ふくらはぎ内側の筋肉が炎症を起こし、アキレス腱の少し上からふくらはぎの真ん中位の位置に腫れや痛みが生じます。 筋肉を過剰に使いすぎると発症し初めのうちは運動をすると違和感を感じて運動が終わると元に戻ります。症状が進むにつれて運動中や歩いている時にも痛みが出てきます。 治療として初期はアイシングやテーピングなどをして患部を休ませます。痛みが軽減されてきたら、ふくらはぎや足の裏(土踏まず)の筋力強化をして負担を少なくしてあげる事が今後の予防になります。

ワンポイントアドバイス
痛みの激しいときは初期の処置が大変重要になります。
まずはRICEの法則に従いましょう。
□Rest 安静
□Ice 冷却
□Compression 圧迫
□Elevation 拳上
受傷後は必ず専門の先生に相談しましょう。
TOP PAGE

COPYRIGHT(C)2012 TSメディカル 練馬区 新星中村橋整骨院. ALL RIGHTS RESERVED.